男女

メンテナンスで快適施設~老人福祉施設リンリンリニューアルプラン~

点検費用を抑えるために

介護

老人福祉施設は通常の商業ビルやオフィスビルなどに比べて、建物の劣化の進行が早いです。そのため、通常の建物より、短い期間でのメンテナンスが必要です。定期的にメンテナンスを行なうと気になってくるのが、メンテナンスにかかるコストです。老人福祉施設のメンテナンスに長けている施工会社の中には、高評価ながら低コストで施行を行なう会社もあります。老人福祉施設の運営方針や管理体制をしっかりと確認した上で、メンテナンス管理マニュアルを作成することで、施設労働者とメンテナンス者のバランスがとりやすいというメリットがあります。

メンテナンス業務と一口で言っても、電気の保守点検や建物の修繕業務など業務の幅が広いです。そのため、保守点検業務やメンテナンスを分割して依頼する老人福祉施設もあります。しかし、復数のメンテナンス業務を分割して業者に依頼してしまうと、費用が割高になりがちです。また、実際に保安点検に問題が起きた時に、どの業者の責任なのかの確認がとりづらくなってしまいます。そのため、総てのメンテナンス業務にまとめて対応できる体制を整えているメンテナンス会社を利用する方が便利といえます。一括でメンテナンス業務を行なうことで、煩雑な依頼業務は単一化され、コストに関しても大いに削減することができます。

また、専門技術に長けている技術者が多く所属しているメンテナンス会社を選択することで、コストを抑えることも期待できます。単純施行工事では技術に差は出にくいです。しかし、複雑な施行工事では経験豊富な技術者の方が短い時間で工事を完成させることができるため、結果として、コスト削減に繋がるのです。